積水ハウスの新築住宅に8年間住んで分かった感想と評価(評判)を写真付で紹介


積水ハウス・リビングのコンセント

リビングのコンセント1 リビングのコンセント2

どこの家庭にもある、コンセントや電話・テレビのアンテナ線を取り付けるコンセントですが、これも新築時にはどの場所にどれだけの数を付ければいいのか、大いに頭を悩ませるとこです。

コンセントは多ければ多いほどよいと言われますが、増設すれば当然それだけのコストアップとなり、あまり多くなれば、契約電気量の引き上げもしなければならず、ただ増やせばよいというものではありません。

適切な場所に、適切な数、でもこれが住み始めるまではなかなか分からないものです。

これはリビングのコンセントで、100Vの電源を始め、テレビや電話線、などのコンセントです。

積水ハウス・寝室と子供部屋のコンセント

寝室のコンセント 子供部屋のコンセント

こちらは寝室のコンセントで、とりあえずテレビと100V電源のコンセントです。電話はコードレス電話を使用しているため、電話線のコンセントは二階にはありません。

子供部屋には100Vのコンセントはありますが、テレビのアンテナ線は引いていません。将来的には無線LANを使用してインターネットでテレビを見るようになるのかな、と思っています。

今のところコンセントの数が不足していることはありませんが、年々電化製品は増えていき、このままの状態では将来的にコンセントが不足することがあるかもしれません。ただ、簡単に増設することができないため、設計時から数と場所を十分に考えておく必要があります。

積水ハウス・寝室のコンセントの色

寝室のコンセントの色 寝室のスイッチの色

寝室のコンセントは、和室の色に合わせたグリーンのコンセントとなっています。電気のスイッチの色も同じようにグリーンとなっています。

この辺りの芸の細かさはやはり日本の建築メーカーというか、設備機器だと感心させられます。

寝室にはそれほどコンセントがあまり必要ではないような気がしましたが、扇風機や電気蚊取り線香などの電気機器などを使うことがあり、これに最近は携帯電話の充電器やコードレス電話器の充電器の電源など、意外と電化製品はあり、これに冬場の加湿器が加われば、けっこういっぱいいっぱいだったりします。

そう考えれば、コンセントの数は多いほどよいですが、前述の通り、費用のことも考えなければなりません。

積水ハウス

トップページ
●ダインコンクリートの外観
●エントランス壁面の経年劣化
●花壇のお手入れは案外大変
●親子ドアの外観と必要性
●職人さん泣かせの玄関造作
●靴箱の失敗点と改良案
●玄関脇収納の使い勝手
●変わり者のリビングルーム
●やっぱり無難な対面キッチン
●IHコンロの魅力と問題点
●不要だった食器洗い機
●不要だった浴室乾燥機
●脱衣場にカビが生えました
●洗面台は大失敗・・・・・
●満足している一階のトイレ
●廊下の明るさが足りません
●大満足の吹き抜け部分
●便利な階段下収納庫
●Uの字階段の失敗点
●店舗部分の詳細紹介
●二階の廊下収納の問題点
●おやじ専用の納戸の現実
●重宝している二階の四畳半
●二階のトイレは贅沢品か?
●子供部屋は現在解放的
●寝室に何も置かない安心感
●寝室脇のクローゼットの功罪
●壁のコーナー部分は要注意
●24時間換気システムの功罪
●悩むコンセントの数と位置
●電動シャッターは超オススメ
●ベランダにコケが生えました
●消耗品のエアコンと給湯器
●外壁の利点と問題点
●抜いたそばから草が生える
●うれしい誤算の駐車場
●庭にある手作りの犬用柵
●穴蔵的な駐車場の壁
●古さを感じるインターホン
●明るさ不足が不満の門灯
●大切な公共設備のメーター
●意外と美しい化粧基礎
●究極の草退治方法を考案
●犬たちとの楽しい生活
●食器洗い機を徹底掃除
●トイレの換気扇のお手入れ
●ドアノブのネジを締め直す
●お風呂のフィルターの掃除
●サッシのレール部分の掃除
●脱衣場の網戸をキレイに掃除
 

その他

リンク募集中